就職の応募先の選択

タクシー

応募における確認ポイント

タクシー運転手というと、一般的に退職した高齢者を思い描きますが、近年は若い人がタクシー運転手の求人に応募することが増えています。タクシー運転手は勤務シフトが変則的になっているため、慣れない内は体調の管理が大変ですが、休日が多いことや実績分の歩合給が支給されるなど、魅力的な点もあります。そのことがタクシー運転手の求人に応募する要因にもなっています。ただ、タクシー会社も数多くあるため、無作為に求人に応募するのではなく、以下などのことを事前に確認しておくことが必要です。まず、タクシーに業務中の事故における損害賠償や、違反金の納付などは会社側に補償してもらえることが必須です。その補償が無いと、すべてを自費で負担しなければなりません。特に、タクシー運転手に成り立ての頃は事故に遭う危険性が高いため、補償体制の完備が前提条件と言えます。タクシー業務は単に車を運転できるだけでは務まりません。客の取り方や、流すルートなどを入念に教えてもらえないと仕事になりません。また、必要な資格を取得するためのサポートも大切です。最も重要になるのがいくら稼げるのかということです。会社の平均的な売上を見れば、自分がいくら稼げるのかの目途が立ちます。目安としては、1日の売上が5万円を超えていることが基準になります。タクシー運転手は接客業です。従って、求人面接では身だしなみやマナーも採用における判定材料になります。顧客にサービスを売る営業マンであるということを念頭に置くべきです。